:::ホームテーマ別の旅 三泊四日コース   バードウォッチング
バードウォッチング
A- A+ プリント 旅行記へ追加 Facebook Plurk Twitter
馬祖では毎年4月から9月までがアジサシ観賞のベストシーズンです。直接船で東引まで行き、坑道内のアジサシを見ることができます。この場合、小型船に乗り換えて海に出る必要はありません。これが最も快適なバードウオッチングの方法です。船で中柱港に到着すると、アジサシの群れが港から飛翔しているのが見えます。こんなにすぐ簡単にアジサシに出会えるとは信じられないことでしょう。

タクシーに乗って、安東坑道へ向かい、迷彩色に全面を塗られた外壁から坑道に進入していきます。通路は約30度の傾斜で坂道を下りて進んでいきます。坑道の全長は約300メートルで、四方八方に向かって通路が伸びており、それぞれが海に繋がっています。安東坑道の突き当たりまで進むと、海景色を観賞できる展望台に出ます。ここは谷間になった入り江で、大量のアジサシが岩壁で繁殖棲息しています。ここは野鳥愛好家の聖地となっています。

 

交通資訊
  1. 基隆の西二埠頭から台馬輪に乗船(所要時間約10時間)、馬祖東引郷に到着。
  2. 立栄航空の始発で馬祖南竿空港へ。ここからタクシーに乗車し、福澳埠頭へ赴き、台馬輪で東引に到着
費用資訊
  1. 台馬輪片道運賃大人 基隆から馬祖東引1050元
  2. 台馬輪片道運賃大人 南竿から馬祖東引350元
旅遊補給站
  1. 每毎年5~8月がアジサシの季節です。騒がしい音を立てると、アジサシは驚いて逃げてしまうので、バードウオッチングの際は小声で話すようにしましょう。入口に戻る時は坂道を上り、かなりの体力を消耗しますので、事前に心の準備をしておきましょう。
  2. 東引老爺酒店 電話番号(0836)77-168
  3. ミニアドバイス:台馬輪は季節や天候により欠航したり、運航スケジュールが変更したりしますので、乗船前に必ずご確認ください。
    02-2424-6868
    0836-26655
    0836-77555
二日目コース:猛澳港→大埔石刻 (東莒) → 東莒灯台 (東莒) → 神秘小海湾 (東莒) → 青帆港 (西莒) →坤坵→ 蛇山 (西莒)

東莒まではタクシーあるいはレンタルバイクに乗車。東莒島の地図に従って猛澳港で足を止めましょう。海水以外にも閩江河口の淡水が入り混じり、豊富な海産資源となっています。このため、アジサシの大群が集まってきます。神秘小海湾路までは歩いて約10分で、この砂浜からは海上両岸にある奇岩を眺められます。伝説によると、八仙人の呂洞賓と何仙姑がここで修練をして悟りを開いたと言われており、「呂何崖」という美しい名前が付けられています。入り江上方には洞窟があり、これは「燕の巣」と言われています。大浦村から約10分の距離です。近くの大浦漁港も見逃せないアジサシ観賞スポットです。

交通資訊
  1. 南竿から莒光への運航スケジュール7時、11時、14時30分
  2. 莒光から南竿への運航スケジュール8時、12時、15時30分
  3. 便のフェリーが運航(所要時間約50分)
費用資訊
  1. 莒光までの片道運賃200元
  2. 東莒から西莒までの運賃大人80元、子供40元
  3. レンタルバイク1日費用500元、各スポットまでの距離はバイクで約10分
旅遊補給站
  1. 海中に隆起している暗礁は、潮の満ち引きの関係で、起伏ある地形を観察できます。まるで一匹の巨大なニシキヘビが水の中で宙返りしているように見えるため、「蛇山」と呼ばれています。
  2. 2008年にここで馬祖の神話の鳥と称せられるヒガシシナアジサシが発見されました。近年では各島の暗礁で次々と珍しい鳥類が棲息しており、蛇山は現在アジサシ生態保護区に定められています。島への上陸は禁止されています。カメラあるいは望遠鏡で遠くにいるアジサシを眺めましょう!
  3. 島の食事・宿泊施設は西莒の青帆村、田澳村および東莒の大坪村にあります。
三日目コース:福澳港→清水溼地→勝利水庫→仁愛村往津沙方向的仁津步道(南竿)→津沙水庫→勝天公園(南竿)

馬祖で唯一の湿地である清水湿地は野鳥愛好家がよく訪れるスポットです。次のスポットである仁津歩道はかつて戦車やジープが走る軍用道路でした。2本のコンクリートの道で、美しい海岸線を歩きながら、バードウオッチングを楽しめます。

交通資訊
  1. 馬祖最大面積の南竿島ではタクシーあるいはレンタルバイクを選べます。
費用資訊
  1. タクシーチャーター料金は1時間500元
  2. レンタカー1日2000元
  3. レンタバイク1日500元、各観光スポットまではバイクで約10分の距離
旅遊補給站
  1. 馬祖はちょうど渡り鳥が南からやってきて北へ戻るルートの中継点に位置します。毎年秋には馬祖地区に数万匹の鳥類がシベリア、中国東北地方、韓国、日本からやってきます。彼らは春になると北へ戻り、またもう一回バードウオッチングのブームが訪れます。
  2. 連江県タクシー組合:
    鼎鑫レンタルバイク 電話(0836)23823
    良健レンタルバイク・レンタカー 電話(0836)22577
    兄妹レンタカー 電話(0836)26624
四日目コース:福澳港→進嶼→鉄尖島→白廟島→中島→三連嶼(北竿)

アジサシの群れが飛び交うのを眺めていると、その数に圧倒されることでしょう。馬祖のアジサシ観賞は非常に価値があり、注目されているシーズン・イベントです。特に小型フェリーに乗船し、海上からのバードウオッチングは一生忘れられない経験となるはずです。

交通資訊
  1. タクシーチャーターあるいはレンタカー。野鳥観察のシーズンは馬祖の大きな旅行会社にお問い合わせ下さい。
費用資訊
  1. 計タクシーはチャーターの場合1時間500元あるいは送迎方式でも可。
  2. レンタルバイク1日500元、各観光スポットまではバイクで約10分の距離。
旅遊補給站
  1. 交通部観光局馬祖国家風景管理処では毎年に野鳥観察イベントを行っており、大勢の国内外の野鳥愛好家たちが参加しに訪れます。
  2. 小型フェリーあるいは野鳥観察用の船に乗車。望遠鏡や酔い止めを必ず準備してください。島に上陸することはできませんので、長時間海上から観察することになります。
  3. アジサシを観賞する際は、しっかりと日焼け止め対策を行ってください。静かに小声で観察していると、アジサシは自分の近くに飛んできてくれます。
  4. 野鳥観察をする方は以下の旅行社までお問い合わせください 八閩旅行社:電話(0836)23-933、三菱旅行社:電話 (0836)26-828、桃源旅行社:電話 (0836)22-591、馬祖三臨旅行社:電話 (0836)23-868、龍福旅行社:電話 (0836)55-661。
最終更新: 2017/09/22 17:25
TOP