メインコンテンツへ飛ぶ
::: ホーム馬祖風情畫 莒光漫遊   魚路古道

魚路古道

A- A+ プリント Facebook Plurk Twitter
*
おすすめ度
41

百年の歴史を有す大浦の「魚路古道」はまたの名を「下底路」と言います。物資が欠乏していた時代、集落の住民は衣食を満たすために大坪と大浦の間を奔走しました。魚路古道は、もともと2つの出入口があり、大浦から出発してまっすぐ進むと大坪村に到着します。さらに魚干し場で角を曲がり、「埔座」(現在の発電所周辺)を通ると、猛澳港に着きます。

古道は2つの村の人口が流出したことから一度は廃村となりましたが、後に東莒社区発展協会と東莒小学校が協力し合い、自然生態公園として整備しました。

古道の生態は非常に豊富で、渡り鳥や蝶が季節ごとに訪れ、あちこちに驚きと発見があります。各種原生植物も四季折々に古道に豊富な色彩を添えています。毎年9月には古道のヒガンバナが山の斜面いっぱいに咲き誇り、10月には「柘果」という甘いミルクの香りがする果実を味わうことができます。11月にはキバナタカサブロウという黄色の花が一面に咲き、まるで黄色の絨毯が敷かれたかのようになります。また、数年前から東莒社区協会では林相を変えることに着手しています。原生種のヒガンバナ以外に、馬祖百合や豆梨を復活させようと試みています。また、桃の花やサクラの花、パッションフルーツなどの果樹を植え、さまざまな植物を楽しめる古道にしようと計画しております。