メインコンテンツへ飛ぶ
Mobile Menu Button
:::
晴れ
19°C ~ 13°C
您附近的景點
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

ここは東莒島の最南端に位置し、1953年に発見されました。古跡が破壊されないように東屋で保護されています。岩盤の碑文には明国万暦年間に沈有容将軍が東莒で一人の兵士も負傷させることなく、倭寇69名を捉えた功績が記されています。字跡から判断すると、当時の工部右侍郎の董應によるもので、かつて倭寇が横行していた歴史を記した貴重な碑となっています。

大埔石刻から前方を眺めると、海中に軌條砦が見えます。木桟道を進むと、海のそばに岩礁が聳え立ち、まるで別世界のようです。

備考:行楽客の方は海辺の木桟道にご注意ください。長期にわたり風雨と日差しで腐食していますので、歩く際にはお気を付けください。また、岩礁エリアで遊ぶ際にも潮汐の変化に気を留め、身の安全にご注意ください。

付近を散策

最終更新日 ::2020-02-25
TOP