メインコンテンツへ飛ぶ
Mobile Menu Button
:::
晴時々曇
19°C ~ 13°C
您附近的景點
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

「藍眼涙(青の涙)」は毎年4~9月頃、馬祖海域で見られる確率が高いですが、予測できない自然現象です。「藍眼涙(青の涙)」を観察したい方は、できるだけ馬祖滞在の日数を長くし、気楽な気持ちでお越しください。潮の満ち引きや風向きによって目にする確率が高まります。

夜間、坑道内で藍眼涙(青の涙)を観察できる確率を高めるため、航行中は光害をゼロにしなければなりません。ツアーのリスクが高くなるので、行楽客の皆さまには身の安全を守るために、必ず救命着を着用するようにしてもらっています。また、航行中に立ったり、ふざけたりすることのないように注意し、スタッフの指示に従うように伝えています。

藍眼涙(青の涙)観察マップ

藍眼涙(青の涙)観察マップ

観賞へ:馬祖青の淚動画

  • 夜光藻(ヤコウチュウ)
  • 夜光藻(ヤコウチュウ)

    「夜光藻(ヤコウチュウ)」は海の中で生存する非寄生甲藻の一種です。体内にルシフェラーゼを有すため、周囲の環境に応じて発光します。夜光虫自身は毒素を持たないため、人類の胃腸消化器系や神経系において中毒現象を引き起こしません。しかし、数が多すぎると、赤潮を形成し、浮遊生物を飲み込んだ後、体内に大量のアンモニアが残ります。これらのアンモニアは藻類によって付近の水域に排出されます。魚のえらに大量の夜光虫が付着すると、魚類の呼吸が阻止され、これにより魚類および無脊椎動物などが窒息死する可能性があります。

最終更新日 ::2020-04-23
TOP