メインコンテンツへ飛ぶ
Mobile Menu Button
:::
晴れ
11°C ~ 7°C
您附近的景點
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント

馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう

ニュース
日付 :2023-11-14
565

馬祖観光第2回 特色ある食材による創作料理コンテスト
馬祖の観光産業に新たな趣をもたせ、地元の特色ある飲食文化のレベルアップを計ため、交通部観光署の馬祖国家風景区管理処(以下、「馬管処」)では、馬祖観光協会と共に毎年、創作料理コンテストと成果発表会を開催してきました。去年初めて行われた「紅糟チャーハン」が話題となったことを受け、今年度は「2023台湾美食展」での料理人気投票を元に、「淡菜(ムール貝の一種)」をテーマに据え、本日(3日)、福澳埠頭にて第2回大会が盛大に行われ、地元民や馬祖を訪れた観光客の数百人が共に楽しみを分かち合いました。
イベント開会式には、連江県議会の張永江議長、陳貽斌議員、南竿郷の林志東郷長、連江県産業発展処・林志豊処長、航港局北部航務センター・蔡振萬専門委員、第10海岸巡視隊・張竣翔隊長、連江航業・朱秀平董事長、采盟免税店・邱博文副店長、連江県港務処代表などが出席しました。主催者である馬管処は、以下のようにコメントしています。「昨年の『紅糟チャーハン王』コンテストが大きな反響を呼んだことから、今年は『淡菜(貝)』をテーマに、馬祖の様々な美味をさらにPRします。淡菜を食べた方々はこれまで味わったことのない美味しさに驚くはずです。今回のコンテストを通じ、飲食業者の方々が馬祖の淡菜の多様な創作料理を生み出し、馬祖の美食を旅の新たな魅力としてアピールしていくことを願っています」
「第2回馬祖特色食材創作料理コンテスト」には15チームが参加し、4回のラウンドで競い合いました。審査委員長は著名な美食家の梁幼祥が務め、中華料理職人餐旅交流協会の陳宗佑理事長、国立高雄餐旅大学の李怡君教授、紫金堂株式会社の高玫総監が審査員として参加。また、馬祖飲食交流協会の林中超理事長が地元の顧問として特別に招かれました。審査は料理の味、馬祖要素の取入れ方、革新性、実用性、見た目など様々な面から行われました。激戦の末、台湾本土から参加した盧世英による「青香馬祖風情麺」が優勝しました。これは淡菜と魚麺を多国籍の調理方法にて融合させたもので、審査員から高く評価されました。
当日同時開催された海の幸マーケットでは、新鮮な淡菜のほか、馬祖の海産物特産品も販売され、馬祖観光業者のプロモーションをサポートしました。また、海のクラフト体験も開かれ、参加者は淡菜の食材としての準備過程を理解し、海洋環境保護に関する知識を深めました。このほか、著名な美食家である梁幼祥が特色ある淡菜料理PRのために招かれ、分かりやすく楽しい料理を紹介。参加者は淡菜についての知識を深めながら、楽しく学びました。
特色ある海鮮料理は、馬祖の美しい山々や景色、豊かな歴史・文化と同様、我々に引き継がれてきた貴重な贈り物です。馬管処と馬祖観光産業連盟では引き続き創造性を発揮し、馬祖観光の質を向上させ、国内外からの観光客に馬祖らしさ溢れる美食と景観を体験していただけるよう努めます。今回のイベントを通じ、馬祖の選りすぐりの食材、特産品、素晴らしい景色を紹介しました。また、明日開催される第8回馬祖国際マラソンに参加するランナーたちも馬祖現地の料理文化を堪能し、他では体験できない風味満載の離島のでディープな旅を楽しめることを願っています。

馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう馬祖の淡菜(ムール貝の一種) 馬祖らしさ溢れる創作料理で海の風味をたっぷりと味わう

 

写真

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
最終更新日 ::2023-11-14 当サイトに関する修正アドバイス
次へシンガポールのメディア関係者が馬祖の観光コースを巡る 馬祖の風情をディープに体験
リストへ戻る
TOP